便利な機械

笑顔のカップルとスマホ

エコキュートは従来のガス給湯器による燃焼装置とは異なり、エアコンのようにヒートポンプを利用した電気でお湯を沸かす装置です。蓄温水型となるために大掛かりな設備を必要とすることから、その本体価格はガス給湯器と比べるとかなり高額になるのが特徴となります。 ただしその反面、運用に関してはその料金はかなり抑えることができるものです。まずはエアコンなどのように空気熱を利用することで熱効率が非常に高く、電気代はそれほど必要としないものとなります。また深夜電力を利用してお湯を沸かしておくことにより、格安電力を利用できます。さらにその保温に関しては、日中は太陽光発電を利用することによりコストを掛けずに行えるものとなります。

エコキュートが誕生したのは2002年のことになりますが、それから幾つかのメーカーが開発し、商品提供しています。地球環境への配慮という発想から新たな給湯器開発の中で生まれた経緯を持つものとなります。ガス給湯器と比べると、エコキュートは様々な利点を持つことにより政府からも賞を受賞するものとなったわけです。 まずお湯を貯めておくことができるので、たとえ停電となっても使用することができるものとなります。これは太陽光発電パネルの普及に伴って実現したものとなります。さらに電力会社の自由化を背景に、安い電気代の電力会社やそのオプションサービスを活用することにより、ランニングコストを大きく下げることもできるようになっています。 このような周りの環境の変化も背景として、エコキュートはさらに便利に活用できるようになってきています。